Sustainability

 

減り続ける地球資源への関心は何十年も前から高まっておりますが、今日ほどスポットライトを照らされる事はありませんでした。我々Polymer Logisticsは顧客と共に、環境に配慮可能なクレートを使用した生産性の高い持続可能なサプライチェーンを構築していきます。環境を考えるとき、全ての産業は3つの基準に直面します。

 

無駄を減らす – 我々の多様なパッケージングソリューションは、頑丈で長期間使用できるプラスチック素材からできており、非常に無駄の多い他の資源にとって代わります。更に、我々のリテールレディーパッケージは、サプライチェーンの中で商品ダメージを減らし、かつ100%リサイクル可能です。

 

エネルギーを大事にする – パッケージを製造するにあたり、再利用する事によりエネルギーの使用削減につながります。我々のプラスチッククレートは約10年使用でき、つまりリサイクルする事により、持続的なエネルギーの大幅な削減が可能になります。

 

天然資源を大事にする - 再利用可能なプラスチック資材を選ぶことにより、世界の天然資源の浪費を大幅に削減する事ができます。結果として、木材や段ボールケースを材料とする製品よりも、樹木を切り倒す必要が少なくすみます。


3つの異なるパッケージ資材が環境へどのように影響するかを比較した研究があります。段ボールケース、木材、そしてプラスチックボックスです。

Initiative Meheweg

The Sustainability of Packaging Systems Life-Cycle Analysis (2009)

The study's main findings:

life-cycle-costs

The Franklin Life Cycle Study (2004) - Key findings were that RPC's:

  • Require 39% less total energy
  • Produce 95% less total solid waste
  • Generate 29% less total greenhouse gas emissions

To calculate your company's current packaging environmental burden please use the following Initiative Meheweg calculator: